日本の森林の現状

こんにちは☆

今日から、すこしずつ

今の地球の自然について、書いてみようと思います。

今日は、「日本の森林」について。

大学生の時、日本の森林ボランティアをしているNPO

インターンをしていたことがあります。

実際に私が見てきたこと、学んできたことをお伝えしますね^^

f:id:subaruazusa888:20191211152029j:plain

実は、日本は、世界で有数の森林大国なのは、ご存じでしょうか。

国土の66%が森林で、先進国と言われている国の中では、

フィンランドスウェーデンに次いで、3番目✨

森には、「天然林」と 「人工林」というのがあります。

天然林というのは、自然のままの森のこと。

人工林というのは、人が植樹したり、手入れしたりしている森のことです。

本の森林は、5割は天然林、4割は人工林です。

実は、この「人工林」が今、危機を迎えています。

昔は、家を作るにも、家具を作るにも、

お風呂やご飯を炊くにも木が必要で、

日本人は、木と共に暮らしてきました。

f:id:subaruazusa888:20191211152957j:plain

木や落ち葉などの恵み(昔は大切な肥料でした)を使わせていただくために、

木を植えたり、草刈りをしたり(おじいさんは山へ芝刈りにのあれです)、

大切に、手入れもし続けてきました。

ですが、今は、日本の木は使われることが少なくなり、

林業が成り立たなくなって、

森の近くの集落は高齢化し、森の手入れができなくなってきているのが

現状です。

当時、私がよくいっていた森のある山は、東京の奥多摩地方にある山でした。

この地方は、東京に近いため、戦争中や戦後、たくさんの植樹をしました。

f:id:subaruazusa888:20191211153421j:plain

こんなところです。

普通の山は、いろいろな種類の木が植わっていますが、

この山は、同じような木が並んでいるのがおわかりでしょうか。

森の中に入るとこんな感じになっています。
(ここは中でも手入れが進んでいる場所です)

f:id:subaruazusa888:20191211154834j:plain

植わっているのは杉・ひのきです。

理想的な森はこんな森です。

f:id:subaruazusa888:20191211153958j:plain

森は、「3階建て」がいいと言われます。

土の上に、が生えていて、

くらいの木が生えていて、

高い木が生えている。

そして、大切なのは「木漏れ日」がさしている、ということ✨

傘をさして歩けるくらい、木と木の間が空いているといい、と言われています。

それではもう一度、奥多摩の写真を(これは木を倒しているところです)

f:id:subaruazusa888:20191211153548j:plain

下に草が生えていなくて、中くらいの木もない。

密集して木が植わっていて、木漏れ日が入らず薄暗い森になっています。

なぜ、このような森になってしまったかというと。

畑は、作物を育てる時にたくさんの種をまいて、

よく育ったもの以外を間引く作業がありますよね^^

木も同じ。

木を多く植えて、まっすぐな木だけを残して、間引く作業をします。

ですが、その間引く作業が行われる前に、

林業が衰退したり、高齢化したりして、森を手入れする人がいなくなってしまい、

結果、密集した暗い森になってしまったのです。

光が差さないため、

土の上に草が生えることができず、

また中くらいの木も育つことができないため、

土が丸出しの状態になってしまっています。

f:id:subaruazusa888:20191211155549j:plain

森の土はふかふかなイメージがあると思いますが、

この森は、足で踏んでみてもふかふかしてません

なぜかというと、

雨が降ると全部下に流れていってしまうから、なのです。

雨が降ると、草たちが土が流れていくのをとめておいてくれるのですが、

草が生えないため、ふかふかの土を止めておくことができず、

流れていってしまいます。

このふかふかの土、

落ち葉をミミズたちや微生物たちが食べて、何十年何百年何千年とかけて

作ってきたもの。

それをもう一度取り戻すためには、長い時間が必要です。

実は、日本では、このような森がものすごい面積あります。

では、日本の森を元気にするためにはなにが必要かというと、

間伐(かんばつ)という作業が必要です。

間伐材、というのを聞いたことがあるかもしれませんが、

間伐、というのは、畑の作物と同じように、木を間引く作業のこと。

f:id:subaruazusa888:20191211160129j:plain

世界では、植樹することが大切ですが、

実は、日本の森林は木を切ることが大切です。

他にも、枝打ちや下草刈りなどの作業があります。

この作業、実際に全部やったことあるのですが、

めっっっっちゃくちゃ大変です(-_-)

特に日本は、山が急斜面です。

道具をもって山を登るだけでも本当に大変な上、

木を切ったり、高いところに登って(これが怖いんだ!)
枝を切ったり・・・とっても大変な作業でした。

f:id:subaruazusa888:20191211160652j:plain

木に登っているところ。

これは、昔ながらの方法で、使っているのは枝とロープだけ

この上でさらにロープを結び、1段上がってまた結び、

を繰り返して、上に登っていきます。

昔は、木が売れたので作業ができたのですが、

今は木が売れないので、その作業もできない、というのが現状です。

そして、木を伐るというのは、

体験してみると、身を切るような気持ちになりました。

木は話せませんが、命あるもの、生きているもの

生きている命をいただいている、というのを実感することができるので、

もし間伐体験などする機会がありましたら、ぜひやってみてくださいね^^

森林ボランティアはとても大変で、

わたしも子育てしながらとてもできませんが、

本の森のためにできることといえば、

もし選べるのであれば、日本の木の製品を買うこと。

買うというのは、その人を応援する、ということですので、

買ってあげることで応援することにつながります☆

f:id:subaruazusa888:20191211162443j:plain

私は、秋田杉のまげわっぱのお弁当とお櫃を持っていますが、

その他に、このかごも、森の恵み☆

秋田産で秋田の職人さんの手づくりです^^

孫の代まで使えるそうです♡

…といっても、日本の木の製品はとても高いものも多いため、

なかなか買えないこともあると思いますが、

本の森に心を寄せるだけでも、木たちは喜ぶと思います。

この机は、日本の木ではありませんが、

日本の職人さんが作ったもの☆

f:id:subaruazusa888:20191211161454j:plain

飛騨高山にあって、森林保全の活動をされています。

林保全をしている企業や会社さんからモノを買う、

応援の気持ちを寄せる、

というのも、応援になります^^

(今HP見たらアロマも作ってた(♡▽♡))

無理にする必要はありませんが、

もしできる範囲で、日本の森を応援できることがあったら、

ぜひしてみてくださいね^^

森たちや、森のために働いてくださっている人たちが喜ぶと思います。

また、書ける時に、自然のこと、

お伝えしていこうと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA