ツバメさんから見る世界☆

こんばんは☆
 
 
寒い日が続いておりますが、みなさま体調崩されていませんでしょうか^^

 
 
今日は、雨でしたが、
ただ今田植え真っ盛り中の田んぼに行ってきました!

 
植物たちにとっては、
むしろピーカンで暑い晴れの日よりも、
曇りでちょうどいい気温と湿度のある雨の方がいいのかもしれませんね^^

 
 
見方を変えると、今日は、田植え日和な日だったのかもしれません♡

 

 
田植えの詳しい様子は、もっと取材してから、
また記事にいたしますが、
動画を撮ってきたのでシェアします^^
 

 

手押しの田植え機です…!

※ちなみに、誰もマスクしてませんが、まっっっっったく人がいないところで、
 空気感染の危険もない場所でした。

 
 
人が乗る田植え機が一般的かもしれませんが、
ここは、水が湧き出る田んぼで、どろどろのため、
上に人が乗るタイプだと、
ずぶずぶ沈んでいってしまうため、
(だから耕作放棄されてしまうのですね。ここもそうです)
手で動かす田植え機で田植えをしております^^

 
 
これ、簡単にやってそうに見えますが、
低すぎても高すぎても、ちょうどよく植わらないため、
高さ調整をしながらの、
 
真っ直ぐ&カーブをするときに、結構全身で力をぐっと使うため、
私がやると、へとへとになって、明日動けなくなるタイプのやつです。笑。

 
 
さて、
今日のブログの主役は、
田植えではなくて、
 
 
動画の中でびゅんびゅん飛んでる生きものです^^

 
 
これ、
誰だと思いますか??

 
 
 
 
誰も知らない人はいない、おなじみのあの人です^^

 
 
 

この人!

 
 
そう、ツバメさんです^^

 
 
 
ツバメがビュンビュン飛んでます。

 
 
ちなみに、この田んぼはいまこんな感じです^^
 

雨なので写真が暗くてごめんなさい💦

 
 
画面の上の方の田んぼは、
まだ田起こし&代掻き(しろかき)という作業の前で草が生えているのがお判りでしょうか^^

 
 
※ちなみに、この草は、イボクサとセリ、です。(知ってる方はあ~~~となるかもしれません。笑)

 
 
今日、私たちがいる動画の田んぼは、画面の下の方の2枚。

 
この日に代掻きという作業をして田植えをしています。
 
 
よく観察すると、
ツバメさん、緑の田んぼには目もくれず、
この2枚の田んぼの上だけ、びゅんびゅん飛んでるんです。

 
 
なぜだと思いますか??

 


風も強かったので、水面がきれいでした☆

 
 
ツバメさんは、この時期、子育てをしています。

 
 
たくさんの虫さんをとって、

子どもたちにエサを届けなくてはいけません☆

 
 

ツバメさんは、よく知っているんです。

 
 

人間が、代掻きや、田植えで、

田んぼに足を踏み入れて、機械を入れると、
 
 
水や土が引っ掻き回されて、

いつもは隠れている虫などの生きものが、出てくる

ということを☆

 
 
 
なので、人が入っていない他の田んぼには目もくれず、
 
 
代掻きと田植えをしている田んぼの上だけを、ビュンビュン飛んで、
エサをとっている
 
 
というわけなのです。

 
 
 
人の営みの中で普通に行われいてる農作業が、
ツバメの子育てに役立っている、のですね^^
(これはツバメのみならず、たくさんの生き物たちに、言えることです^^)

 
 


かわいすぎる~(♡▽♡)

 
 
鳥さんは、人を避けて過ごす種類が多い中、
ツバメさんは、人と程よい距離を保ちながら暮らしてきた
鳥さんです。

 
 
ツバメさんは、巣作りをしに日本にやってきますが、
実は今、
 
 
ツバメさんが巣作りできるような家が減ってきて、います。
 
 

軒下がある家も少なくなってきていますし、
ツバメはやっぱりふんなどの被害があるので、
嫌がる方も多いと思います。

※この話を、以前環境NPO勤めていた時に小学校の子どもたちに、代表が話したら
「僕のうちにはツバメが来るからずっとツバメが住める家にしていきたい!(三世代の一軒家お宅でした)
と発表した子がいて、「おおー!」となったことを思い出しました。
子どもたちは、ほんとうにすごい!
 
 

 
 
ツバメさんが、もし日本で減ってしまうと、
実は世界にも影響を及ぼすことになります。
 
 
 
それはなぜか?

 
 
 

それは、ツバメさんの生態に関係があります。

 
 
ツバメさんは、冬は見かけることがありませんよね。

 
 
 
それは、「渡り鳥」だからです。

 
 
 

ツバメさんは、日本に来て子育てを終えると、
台湾やフィリピンなど南国に飛んで行って過ごします。

 
この小さい体で、こんな長距離を飛ぶなんて、
ほんとうにすごいですよね・・・!
(渡り鳥は、ほんとうに本当にすごいと思う!
生きものたちは、1種類1種類ほんとうにすごいんです)

 
 
ツバメさんは、

日本と、台湾やフィリピンなどの南国をつなぐ鳥

 
 
そして、
すべての生き物は、生態系の中でつながりあって
生きています。

 
 
 

もし、日本でツバメさんがエサが取れなくなったり、
巣作りができなくなったりして、
数が減ってしまうと、
 
  
渡り先のフィリピンや台湾などの自然に影響を与えて
 
 
しまいます。

 
 
 
逆に言うと、
フィリピンなどで環境破壊が起こった場合、
 
日本に飛んでくるツバメさんの数が減り、
日本の自然に影響を与えることになります。

ツバメさんは、
田んぼや畑の害虫と呼ばれる虫さんもたくさん食べてくれますので、
 
ツバメさんが減ると、農作物に被害が出る、
ということは十分考えられることです。

 
 
ツバメさんは、わたしたちの食にも関わりがあるのです^^
(これはたくさんの生きものたちに言えることです)

 
 
ツバメさんは都会でも見かけることがあると思います^^

 
 
なので、このような自然豊かなところだけではなく、
 
例えば、
都会でも、ベランダのハーブや野菜の栽培などで、
緑を小さくても置いておいてあげると、

 
 
虫さんが育ったり・休んだり、隠れたりできる環境を
作ってあげることにつながり、

 
 
ツバメさんがエサをとりやすくなり、
ツバメさんの子育てに役立たせることができます^^

 
 

だから、

目の前の自然は本当に大切だし、

 
  

少しでも都会にも、住宅街にも、
緑を増やしてあげることは、
 
 
 
生きものたちをとっても助けることにつながっていきます^^

 
どれだけ助かるのかは、長くなってしまったので、
また別の記事でお伝えします^^

 
 


ずんぐりむっくりしてる(♡▽♡)

 
 
ツバメさんがつなぐ、世界のお話でした☆

 
 
次の生き物の声シリーズは、いよいよ!
わたしの1番伝えたいシリーズに突入します☆

 
 
まずは、カエルさんの声からお届けします^^

 
 

 

しかし、有名ですが、
改めて、鳥さんって、恐竜の生き残り、なんですよね。
 
ツバメさんも恐竜の生き残りかと思うと、
なんだか信じられないような、すごいような、
不思議な感覚になります。

 
 
読んでいただき、ありがとうございました☆

 
 

美月一奈輝(みづき ひなき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA