畑が始まりました☆

こんばんは^^

金曜日の夜、いかがおすごしでしょうか。

 
一週間お疲れさまでした☆

 

今夜は満月ですね^^(イチゴの収穫時期だからストロベリームーンというそうです☆)

 


かわいい♡

 

たしかに田んぼでも、ヘビイチゴが実っておりました☆

(食べられるけど、まずいそうです笑(未挑戦))

 

 

さて。

昨日から、新たな活動として、が始まりました☆

 

実は話が出たのは4月末。

 

今後の生活について話している時に
 
「さつまいもをできれば作りたいんだけど…」

と話したら、あの畑、使ってもいいよ、という畑があることがわかり。

 
 

それから1カ月後、そろそろさつまいもを植えるにはギリギリの時期となり、
一度見に行ってみたら、
こんな場所でした!

 

く…草ぼーぼー!笑

 

 

そして、でかっっっ!!!

 

ここは、もともと耕作放棄地だった場所を、
8年前に、生きものと湖が喜ぶための自然再生活動の一環で、
畑に再生した場所で、
その後、毎年草は刈っていたけど、活用されていなかった場所でした。

 

 

とても畑とは言えない状態に、しばし、固まりましたが、
よし、やろうと思った矢先、草刈りを名乗り出てくれたので(ありがたい…)
お願いしました!

 

 
刈り払い機という機械でやってもらいました。

 

刈り払い機、い…一応私も使えます!(こう見えて)

 
 
ただし、この草刈り作業というのは、
センスと技術と体力が必要です。

 
そもそもまず、機械を動かすだけで、
わたしは、とても疲れてしまいます…!
(紐を勢いよく引っ張って動かすのですが、
 それも力がない人には難しいのです…)

 

この機械は、
機械自体もそこそこ重さがあるので、
女性にはキツいものがあるのですが
(旦那が使っているようなベルトを使うと、
 機械の重さの体感を軽くすることは可能)
 
それを高さと角度を地面ギリギリに保ちながら、
振っていくことで、草を刈っていく機械です。

 
 

私がやると、
1時間で汗だくだく、ヘロヘロになる上、
全く上手に刈れないという…笑
(ただ、やっている間は夢中になります)

 
 

畑や田んぼでは、使う方が多い機械なのではないでしょうか☆

 

ほんとうにお野菜やお米さんたちというのは、
冗談でなく、
作ってくださる方の血と汗が入っているな、と
実際に作業すると改めて感じます。
 
 

石油を使って動く機械なので、
石油を使わない、草は刈らない、
という農法の方もいらっしゃるかもしれませんが、

私は使わせていただこう、と思っています。

 
とても鎌でできる広さではないので、助かりました!

 


1時間後

 
私はこの草を集める作業をしました!

落ち葉集めるやつで、集めたり、

 
アメリカンフォークという道具で持ち上げてみたり、
(牧草とかで使うイメージのアメリカの農業チックなあれです)

金属製で重さがあります 
 

途中、ほうきみたいに掃いてみたり。

 

半分ぐらい手伝ってもらって、
耕すのも機械でやってもらい、畑っぽくなりました^^←草半分集めただけの人(すみません…)

 

 

今回畑にしたのは、ほんとに入り口の一角です。

 

これだけでもだいぶ広いですが、
まずここをしっかり管理していくことが出来るように、
がんばろうと思います^^

 

 

植えたのはさつまいもと、
(数日前に買った茎を、水に浸しすぎて少し腐らせてしまいました💦)

 

 

 

中玉トマト(写真撮り忘れ)と

 

 

ハーブ数種類。

 

レモンバーム

 

 

ヤロウホワイト

ローズゼラニウム(写真撮り忘れ)

 

野菜もハーブも、
今後、少しずつ増やしていく予定があるので、
またご報告します^^

 

 

 

 

畑をするは、今回、まったくの初めてです。

 

今回は、旦那の助言と、鍬が手元になかったのもあり、
畝立てずに植えてみましたが、 
様子見て少しずつ改善していこうと思います^^

 

この畑はこんな環境にあります☆

周りが林に囲まれていて、
林の向こう側は、田んぼがあり、
ゆくゆくは、日本で2番目に大きな湖である霞ヶ浦から太平洋へとつながってます。

道の向かい側は竹林です。

 
 

この畑、
もともとは自然再生と、生きものたちのために作った畑なので、
一つ、普通の畑とちがうところがあります。 
 
 
 

それは、
ビオトープがあること✨

 
ビオトープというのは、
bio(生命)+tope(場所)をあわせた造語で、
 
生きものが生きている場所のことをいうのですが、
 
今の日本では、自然を再現した場所のことをいうことが多く、
特に、水辺の環境を再現した場所のことをいうことが多いです^^

 
そう。
この畑、池があるんです笑。
 
 
 

 

池があることで、鳥が水を飲みに来られたり、
 
虫を食べるトンボたちがやってこれたり、
  
カエルさんが住むことが出来たり、
 
この場所で営みができる生物の種類(生物多様性)が増えます^^

 
 
アイデアは、NPOの代表ですが、
すごいなぁ、と思います。

 
今も残っているので、
有難く使わせていただこうと思います。

 
ただ、このビオトープ、
草むらをずーーーっとかき分けて行かないとたどり着けない場所にあるので笑、
今度ご紹介します^^

 
 

てんとう虫♡

 


かわいいいいいいいい♡(でも肉食)

 
 
 
畑は、車で20分くらいかかる場所にあり、
毎日は通うのは難しいので、
しばらくは、3日に1度くらい通おうと思っています^^

 
 

 
 

ここは畑地ですが、
Farmじゃなくて、gardenにしたいと思ってます。

 

まずこの部分の畑の植物さんたちが
笑顔になる環境づくりに挑戦して、
それができあがってからになりますが、

 
せっかくの広大な土地なので(5,888平方メートルあるそうです笑)
畑と、花畑と、ハーブ園が合わさった
子どもたちや近所の方々がほっと癒されるような、
場所に少しずつ少しずつしていけたらなーなんて夢みています^^♡

 
 

新たな取り組み、どうなっていくかわかりませんが、
どうか温かい目で見守っていただけたら、嬉しいです^^

 
どうぞ
この場所で暮らす、植物さんや生きものさんたち、土さんたち、風さんたちなどなど…
を、これからもよろしくお願いします♡

 
 
美月一奈輝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA